みん経トピックス

福岡空港にオメガブティック羽田空港に新業態店舗

JALの新造B787型機、成田・羽田に到着-受領は世界2社目

JALの新造B787型機、成田・羽田に到着-受領は世界2社目

成田空港に到着したJALのボーイング787型初号機

写真を拡大 地図を拡大

 JALの新型旅客機「ボーイング787」の初号機と2号機が3月27日夕刻、成田空港と羽田空港に、それぞれ到着した。

 両機は同社が3月25日、ANAに続く世界で2番目の航空会社として米シアトル・エバレットのボーイングの工場で受領。日本時間の同日午前、工場に隣接するペイン・フィールドを離陸し、運航ベースの日本に向かっていた。

 成田空港では、同社グループの社員・関係者ら約100人が、「日本の翼が新たな歴史を切り拓く」と書かれた横断幕を掲げ、新造機の日本初到着を笑顔と拍手で出迎えた。同機に搭乗した同社の植木義晴社長は運航性能と経済効率の高い同型機を「新生JALの夢の希望の象徴」とコメント。パイロット出身の観点からは、「素晴らしい最新鋭機。(機内で機長に)着陸をやらせてほしいと頼んだが断られた」とも笑顔で話した。

 初号機は座席数186席。世界で初めて機内サービスとして電子マンガが閲覧できる「SKY MANGA」なども提供する。同社は同型機を計45機(別途オプションで20機)発注しており、今後、4月22日に開設する成田~米・ボストン線、続いて本年度中に開設する成田~サンディエゴ線、成田~ヘルシンキ線などに投入する予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

納豆バスのキャラクター「ねばタロー」と「ねばジロー」をあしらった限定ネームタグ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング